無駄である!.com

無駄である!

この世で最も大切な資源は時間。節約や投資を駆使して、限りある時間の最大化を試みる。

MENU

【知って得する?】個人年金は無駄である!

老後のためを思って個人年金に加入する。

将来を見据え、計画的に貯金をする代表的な手法かもしれませんが、私は無駄だと思います。

これは私が将来を考えること自体無駄だと思う性分のせいもあるのでしょうが、あまりメリットを感じられないのですよね。

 

muda.hatenablog.com

 

個人年金でどれくらいお金は増える?

個人年金で適当に検索して、20代に人気の個人年金を調べてみました。

その具体的な内容は

 

契約開始25歳 年金開始年齢65歳 月掛保険料2万円

払込保険料合計額960万円

年金受け取り累計額1176万円

年金受け取り率122.5%

 

と言う内容でした。

こう見ると、おぉ!216万円も増える!と思いますね。すごいです。

1日に相当すると…

216万円も増えるのはすごく魅力ですね。これなら加入したくなるかもしれません。

しかし、これは40年間毎月2万円を支払って、ようやく得られる利益です。

40年です。わかりますか?人生の半分の期間、毎月2万円払うわけですよ。

40年をもう少し分解して考えましょう。

40年で216万円。1年なら5万4千円。一日で計算すると、その利益は約148円です。

これじゃ自販機のジュースも買えませんね。

40年は想像以上に長い

それでも毎日148円ずつ増えるならいいじゃない!と思う方もいるかもしれませんが、あくまでこれは満期まで払いきれば、と言う前提の話です。

25歳ならこれから結婚や出産、教育の費用、住宅購入…など、お金がかかるイベントは山ほどあります。

これらのイベントを乗り越えながら毎月2万円を必ずしも捻出できますか?

出産すれば妻の収入が途絶える時期があるかもしれませんね。

今からしっかりと貯金があればそれも乗り越えられるでしょうが、そうでなければ月の2万も大きいのでは。

それに今の会社で定年まで働くかどうかも分かりませんよね。

 

個人年金は途中で解約すれば元本割れするものがほとんどなので、実質損する可能性も高いのです。

保険料控除になるから得?

今の制度では個人年金の年間支払い額8万円を上限に、保険料控除になります。

その年に8万円以上を支払っていれば、最大4万円が所得控除されますね。

実際に控除される額がどれくらいか知っている人は、実は少なかったりしますが…。

例えば年収500万円のサラリーマンでは、その軽減額は7,000円程度です。

満期金は所得扱い

保険のセールスで説明してくれるかは分かりませんが、満期金は所得扱いになります。

年金受け取りの場合は雑所得として、一時金として受け取る場合は一時所得として計算されます。

例えば上記のケースを一時所得として受け取ると

 

一時所得=総収入金額−支出金額−特別控除額(MAX50万円) なので…

1176万円−960万円−50万円=166万円

 

166万円は所得として見なされます。

所得ということはもちろん所得税の対象にもなります。

セールスでは保険料控除などの説明はするでしょうが、受け取り時の説明は詳しくしないかもしれませんね。

 

ということで、個人年金は無駄だと思います!

長い人生を乗り切るには、手元にお金が必要な時もあると思いますし、個人年金に加入して流動性の低い資産にするのもある種リスクですね。

老後のお金を用意するなら、個人年金より確定拠出年金の方が絶対にいいですよー。

これなら掛け金の調整もできますし。

 

個人年金は無駄!
満期まで払えないと損!
流動性が低い資産はある種のリスク