無駄である!.com

無駄である!

この世で最も大切な資源は時間。節約や投資を駆使して、限りある時間の最大化を試みる。

MENU

住宅ローン35年!?正気じゃない…

日本人は小学生から画一的な教育を受けてきた為、周りに合わせたり、周りと同じことをやる傾向にあるようです。

よく言えば協調性がある、悪く言えば思考停止…。

住宅ローン35年!?

というのも、周りには未だに超長期の住宅ローンを組んで新築の持ち家を買う人が多いんですね。

はっきり言ってこの文化はバブルの時代だったからこその文化ですよね…。

不動産が資産になり得た時代でもあったし、むしろバブルで最も恩恵を受けたのは不動産業界だったり…。

と、そういう環境が未だに周りを取り巻いているわけです。

 

住宅ローン35年を紐解けば人生の半分を借金生活してるようなものじゃないですか。正気じゃないなぁ…。その額も4000万円とかザラにありますしね。

年収500万円くらいだと、可処分所得は350万円くらいなんですけど、そこから生活コスト引いたらいくら残るんですかね…。

その残りでローンを返済していくわけですよね。貯金も投資もできなさそうな予感。

住宅ローン=借金という自覚はあるのか

そもそも住宅ローン=借金という自覚がある人が少ない気がします。

「そこそこの年になったら一軒家買うし、住宅ローンを組まなきゃなぁ」みたいな。必然的な感じ。

普段、モノを買う時って、お金ありきで買い物しますよね。

だけど住宅に関しては何故か当たり前に住宅ローン(借金)を組んじゃう。

何故なら、親世代や周りも当たり前にそうしているから。なんという思考停止…。

妙な見栄文化

例えば会社の同期なんかと話してると「もう家買ったよ」なんてさも誇らしげに語る人はいますが、実際は借金で買ってるわけですね。

借金すれば誰でも買えるので立派でも何でも無いんですが、何故か未だに「持ち家を持てば一人前」みたいな風潮はありますね。

そういう風潮というか文化を気にして家を買うのなら絶対にやめた方がいいです。なぜなら周りは皆思考停止した人間だけの可能性は大いにあるからです。

「もう家買ったよ。ほぼ全額借金だけど。」という解釈が、しっくりくる正しい理解の仕方です。

それにローンで買った家はローンの支払いが滞れば差し押さえされ、所有物ではなくなります。

正確にはローンを完済して、ようやく購入完了となるわけですね。

ローン完済後の価値

ではローンを無事完済して、持ち家が完全に自分の資産となったとしましょう。

さて、手元に残ったのは築35年の物件です。一体どれくらいの価値があるのでしょうか…。

 

例えば35年ローンで毎月8万円の支払いをするとします。

住み始めた初年度から35年後まで毎月8万円をローンの返済に充てます。

初年度は8万円の価値があるかもしれません。しかし、35年後は半分以下かもしれませんね…。

その時の周辺施設や環境にも左右されますが、最早想像すらできないです。完全に運。

築35年の賃貸物件があるとすると、果たして月8万円の家賃で住むでしょうか…。

不動産屋さんは「毎月の家賃並みの支払いで家が買えますよー!」というセールストークをしてきますが、これは時間を無視したトークですね。こと不動産に関しては時間とともに資産価値は下落します。

 

それから、今後の日本は少子高齢化も進んで、空き家率は上がり、加速的に不動産の価値は下落して行きますよ。

関連リンク。

 

人生の大半を借金して過ごすとか絶対嫌ですよね…。

35年とかのローンを組んだら気軽に会社辞めたりもできなくなりますし。

もし会社が潰れたらどうやってローンの返済はするんですか…。東芝やシャープの例を見ても、どんなに大きな会社でも絶対はないですよ。

 

超長期住宅ローンは無駄!ローンは借金!
35年のローン完済後、残るのは築35年の物件…。
住宅は賃貸か、安い持ち家かなぁ。