無駄である!.com

無駄である!

この世で最も大切な資源は時間。節約や投資を駆使して、限りある時間の最大化を試みる。

MENU

副業禁止とかもうやめたら良いのに。ダイバーシティを推進するんでしょ?

最近「ダイバーシティ」という言葉をよく耳にするようになりました。

ダイバーシティとは多様性という意味です。しばしば、ダイバーシティ=女性活用と誤用されているようですが、本来は多様性を表していますね。

ダイバーシティについて疑問

様々な企業が「ダイバーシティを推進しています」などと謳っているのですが、私はそれが疑問でならないです。というのも、多くの企業が副業禁止なんですよね。

ダイバーシティ=多様性を推進している、というのであるなら、多様な働き方ができる環境を推進すべきだと思うわけです。一社に専念することが多様であるとは全く思えません。

点と点が線になる

副業をすることで本業に支障が出る…というのが副業禁止の理由なのでしょうが、なぜネガティブな角度からしか見られないのでしょうか?

本業にだけ専念することで視野が狭くなることなんて大いにありますし(実際そうですよね)、そうでないなら異業種交流会なんてやる意味ないでしょう。

異業種の話を聞くだけより、実際に働いてみた方が良いところも悪いところも体感できると思うのです。その体験を元に、自社に取り入れるべきこととか、今すぐ廃止すべきこと、改善点などが俯瞰的にも見えるはずなんですね。

本業の知識と技術だけあればいい!なんて働き方は、とても多様性があるとは思えません。色々な経験や知識が、やがて大成するのは自明の理です。


スティーブ・ジョブス スタンフォード大学卒業式辞 日本語字幕版

かのアップル、故スティーブ・ジョブズもそのようなスピーチを残していますね。

もちろん大学にいた頃の私にはそんな先々のことまで読んで“点と点を繋げてみる”ことなんてできませんでした。

だけど10年後振り返ってみると、実にハッキリしているのです。

 

繰り返します。

 

未来に先回りして“点と点を繋げる”ことはできない。

できるのは、過去を振り返って繋げることだけなんです。

だからこそバラバラの点であっても、

将来それが何らかのかたちで必ず繋がっていくと信じなくてはならない。

 配偶者控除の小細工より副業許可の法案を

配偶者控除を廃止するだの、受けられる額を拡大するだの、小細工して税収を増やすより、副業を許可した方が税収は増えるような気がします。

本業は本業でやって、週末は別の仕事したり定時後はバイトしてみたり、色々な働き方を選択できる方が多様性があると思います。所得税による税収も増えますよね。

副業ができれば自分で起業する障壁もかなり下がります。結果、世の中に面白い企業やサービスがどんどん出てくると思うのですが。

 本業だけ!の働き方はリスク!

副業禁止!としている企業がもし潰れても責任は取ってくれません。

今の時代、大企業でも絶対はないですし、色々な働き方を知っていたりスキルを身につけていたりした方がリスクヘッジになりますよ。 

サラリーマンは安定している、と言いますが、本当に安定しているのは色々な稼ぎ方を知っていることだと思います。

というかこのご時世、稼ぎ方なんていくらでもありますね…。ネットに繋がっていれば割と簡単に稼げます。

 

そんなわけで、本業だけではなく色々と副業して見ましょう!視野も広がればチャンスも増えますよ!

 

副業禁止は時代遅れ!
リスクヘッジのためにも副業を!
色々な稼ぎ方を知ると安定!